読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otodenwaのおすすめバンド

もっと皆に知ってほしい音楽を届けます。

ゆるふわリムーブのゆるふわ要素

どうもotodenwaです。

 

5月も終盤、5月病も去り本格的に季節は夏へ。という感じのこの頃。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は最近、ゆるい生活を送っております。人間どうしても暑さでストレスがたまってしまうので、ゆるくふわっと生きようと意識して生活しています。

だから余計、周りの人がいらついてると世の中面倒くさいなーと思ったりも。笑

 

まあ、そんな事はどうでも良くてですね。

皆さん、ゆるふわリムーブというバンドはご存知ですか?

広島発の4人組バンド。
個人的にですが、もともと広島の人ってセンスある印象(吉田拓郎ユニコーン、19、ロードオブメジャー等)なので、期待は膨らむわけです。

そんな彼らが最近MVを公開したので、それをきっかけに彼らを紹介しようかなと。

 

ゆるふわリムーブ

www.youtube.com

バンド名とのギャップよ。全然ゆるふわしていない。

ガチガチのバラード、王道で歌ものとして確立されているサウンド。

Aメロのアルペジオだったり、サビでのオクターブ奏法だったり。

ドラムとベースはシンプルに歌を引き立てる徹底ぶり。

 

もう一度言う、全然ゆるふわしていない。

ただ、色々感心してしまう。本人達は狙っているのかわからないが、まずバンド名。

ゆるふわリムーブと聞いた瞬間に、サブカルっぽいなと、マッシュ頭が浮かんだ人は多いはず。

これだけで、とりあえず聞いてみようと思う人は一定数いると思われる。バンド名ってそういう意味ではすごく大事だと感じる。

 

からのこの楽曲だ。シンプルな歌もの、歌詞は恋愛系。

聴いた人達のしんどい、つらい、というツイートが目に浮かぶ。

売り出し方が巧いと素直に思うし、それに準ずる努力もしている印象。

www.youtube.com

コメント欄で、ミセス、ラッドに似てると言われているが歌ものであれば多少似てしまうとこはあるだろう。

むしろ、そこに似ているという事は、売れる要素があると言う事でもある。

アップテンポだしロックな印象のある曲だけど、ここでも歌を押し出すことは忘れない。間奏では音数を増やし、AメロBメロではリズムに変化をつける。

あくまで歌があるときは歌メインの考え方。楽曲の良さを引き出す為のストイックな所が少し垣間見えて好きだ。

 

ゆるふわの裏に隠されたガチガチの音楽愛。

ツンデレってやつ。努力した人だけが言える、いや全然努力してないです、まだまだです。

そういうのが、ゆるふわリムーブからは感じられる。

 

ゆるふわリムーブ 1st Mini Album『芽生』は6/21発売です。

 

あの娘の代わり、sankanshion°、とけた電球、planeta、梨帆

otodenwaです、どうも。
今日は、RO JACKでライブ選考に進んだ45組から良いと感じたバンドを数組紹介します。

RO JACKと言えば、このブログ、書きましたね。

乗っかれるものに乗っかる精神、嫌いじゃない。笑

インディーズバンド聞き放題、RO JACKありがとう! - otodenwaのおすすめバンド
全てのバンドに光が当たる日がくればいいと思うのは私だけでしょうか。

 

さあそれでは本題に。

※応募曲の音源を聴いてほしいので今回はyoutubeの動画ではなく、RO JACKのアーティストページへのリンクを貼っています。

最初のおすすめは、あの娘の代わり

rojack.jp

東京の3ピースバンド。

キャッチーなメロディーだったり、曲の展開だったりが素直に面白い。
バンドとして見る時に単純に格好良い。バンド好きの心をくすぐる。

 

sankanshion°

rojack.jp

大阪の2人組バンド、ライブはサポートを迎えて行われる。

シンプルな音、シンプルな展開にキャッチーなメロディ、イントロからアウトロまで好き。

なんか平和だ、こういう音楽を聴くと心が穏やかになる。

 

とけた電球

rojack.jp

東京の4人組バンド。今回の大本命と言ってもいいと思います。

過去に閃光ライオットでファイナル進出していることもあって、クオリティが高い。

残念系男子らしいが、そんな事ない、十分いかしている。

 

planeta

rojack.jp

兵庫県の5人組バンド。

透明感あるボーカルと、シンセのポップさは確実に一定数に届くだろう。

どのパートもキャッチーだし、キャッチーの押し売りになる前に曲を終わらせるとこも巧いと感じる。

 

梨帆

rojack.jp

東京のシンガーソングライター。

2015年、でれんのサマソニ受賞者。ヤバTブレイクの年ですね。

歌い方、声にちょっとクセがあり、普通のシンガーソングライターではないなと思わせられる。

 

 

ってなわけで、良いと感じたバンドの中から割とジャンルの違う人達を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

 

正直言うと、全バンド良い。笑

 

音楽って日常にありふれていて、人間にとって必要不可欠なものだと思うんですよ。だからこそもっとミュージシャンの待遇が良くなればと思うんだけどなー。

今でいうと介護士とかもね。必要なのに待遇が悪いって可哀想だよね。

 

ちょっと話がまとまらなかったけれども、要するに、今よりも多くのミュージシャンが贅沢できるまではいかなくてもいいから音楽で一応食べていけるようになれば良いな。というどこからともなく現れたとんでもない考えをここに残して今回のブログを終わりにしようと思います。


ではっ!

【話題になる前に】なごり雪を歌うシンガーソングライター井上緑って誰?

otodenwaです。金曜日、お仕事お疲れさまでした。
GW空けの一週間長かったわ〜。やっと土日だわ。

気温も上がってきて正直しんどいですね。笑
雪でも降らないかなーなんてね。

あ、雪といえば

www.youtube.com

ガッキー衰えないな、恐ろしいな。
このCMなんですけど、ガッキーがなごり雪を歌ってて涼しい気持ちになりますよね。

でね、なんとこのCM、5月16日から新しいパターンに切り替わるらしくて。それがこちら。

www.youtube.com

誰だ、誰が歌ってるんだ。

 

井上緑(いのうえ りょく)

1993年生まれ、茨城県出身、現在23歳のシンガーソングライター。

今は東京中心にライブ活動を行っている。

私の勝手なイメージだけど、今は高校生や大学生という若者層から特に人気を得ている気がします。このCMで少しでも、誰が歌ってるんだ?となれば、その上の層からもファンが増えてくるのではないでしょうか。

www.youtube.com

いきなり暴力的でごめんなさい。彼を語るには、必ずここを通らなければならないのです。

前夜は、一番最後にMVのURLを貼っておきますのでそちらもチェックを。
問題は数十秒の2曲目ですよね?分かってます。でもそっちがtwitterで話題になるんです。若者層のファンが多いのはきっとその効果。

声は良いし、歌も上手い。そこに話題になりそうな曲名、話題になりそうな歌詞を綴れば、面白そうだなー。聴いてみよー。となるわけです。(実際はここまで単純ではない)

ヤバイTシャツ屋さん岡崎体育という笑える面白い曲を作るミュージシャンが売れてきているのは、そういう波も今は来ているという事。
もちろん曲作りのセンス、実力があってこそですが。

 

話は戻って、twitterのTLに流れてきたバカップル死ねを聴き、興味を持った人が他の曲も聴くと仮定する。
するとどうでしょう、そこにはシンガーソングライター井上緑がいた。

www.youtube.com

爽やかな声で毒を吐く、感情のままに歌を歌う、井上緑はそういう男だ。

歌に気持ちを込めるってこういう事であってほしい。その本当の歌に心を揺さぶられる人が多くあってほしい。

www.youtube.com

 

5月16日より、ガッキーの美しい姿と共に井上緑の歌うなごり雪がお茶の間に届きます。

今ならまだ、なごり雪の前から知ってた〜。と言えますよ。笑

約束通り、前夜のMVを貼っておしまいです。

www.youtube.com

水槽のクジラというバンドが世の中にはおってだな。。。

どうも、otodenwaです。

今日は、水槽のクジラというバンドを皆さんに。
先に言っておきます。切ないです。このバンド凄い切ない曲を作ります。
歌詞から来る切なさよりもサウンド面での切なさ、儚さがきつい。辛い。


水槽のクジラ

www.youtube.com

東京中心に活動中の4ピースバンド。
漂うような、浮遊感。好きな人はどんぴしゃ!ってくらい好きだと思う、このバンド。
ちなみに私はどんぴしゃっ!です。

山手線に乗って曲を聴いてぼーっと外を眺めてたら1日終わってた。そんな感じ。
山手線1周1時間として10周くらい。
今日も何もできず終わった。はい、その感覚で合ってると思います。
でもこのバンドはただ切ないだけ、儚いだけで終わらせるのではなく、ちゃんと続きがあるように曲を終わらせる所も好き。
終わりに向かうにつれて曲のパワーが増していく。それが終わりを通り越してその先にある続きを感じさせてくれる。そんな気がします。

www.youtube.com

徹底している淡いイメージ。プロ意識が高い。だからこそ水槽のクジラというバンド名もしっくりくる。

普通はしっくりこないぞ。だってクジラは水槽には入らない。どれほど大きい水槽を作ればクジラが入るのだろうか、それはもう水槽ではない、ただの水族館だ。
水槽といえば水槽だけど、いきなり友達に「水槽買おうと思っててさ〜。」なんて話をされた時には、家庭用の水槽思い浮かべるでしょ。そうでしょ。

「いや、クジラ用のね。」なんて言われた時には顔面強張るでしょ。

それなのにしっくりきちゃうんだよなー、水槽のクジラは。

 

ってこれ何の話?

 

歌詞よりもサウンド面が。と最初に書いたけど、もちろん歌詞も良いです。切ない要素満載です。

ただ、最初はとりあえず何も考えずにぼーっと聴いてみてほしい。個人的なお願いです。大事な所では歌詞がしっかり聞こえてくるし、歌詞が聞こえなくても(物理的な話ではなく)なんとなく意味が分かる曲だから。

 

曲の隅々まで聴き込むのもすごい楽しいです。でもそんなに気合い入れなくても良い曲はちゃんと伝わる。

水槽のクジラはそんなバンドだと思います。

 初めて見に行くライブがワンマン、ありだと思いますよ。

2016年初秋結成、リフの惑星というバンド

どうも、otodenwaです。
今日はリフの惑星という最近結成されたバンドについてお話します。

1つしか無いMVをまずはどうぞ。超格好良いです。
完全な横ノリ。必要最低限の音しか鳴らさない所が余計にそのパートを際立たせるというお手本の様な曲構成。

音を詰め込めばいいってもんじゃないんだよ、音楽ってのは。

www.youtube.com

どうですか、聞いた感想は。結成1年経ってなくてこれってやばくないですか?どれだけの才能だよと思いませんか?

 

勘のいい人はお気づきでしょうか。実はこのバンド、バンド経験のある者同士が組んだいわば、最強の若手バンドという枠組みのバンドです。何回バンドって言ってんだよ。バンドがゲシュタルト崩壊するわ。

 

Vo.緒方 良(ex.the ogtz)

Gt.斉藤 慎也(ex.the ogtz,hiza)

Ba.小林 亮平(ex.the salovers)

 

なるほど、納豆。間違った。

なるほど、納得。

 

www.youtube.com

the ogtz、知らなかったバンドだけど、めっちゃ良いじゃん。

ロックしてるよ。

 

www.youtube.com

The SALOVERSは皆さんも知っているかと。

 

リフの惑星、これはなかなか良いコラボだと思います。

どんどん売れていってほしい。

 

短いですけど、この辺で。